花冷えの常照皇寺  2015.04.08

娘のように愛おしく思っている女性が妊娠しました。
子供をすごく欲しがっていたにもかかわらず、医者から妊娠の可能性は限りなく少な
いと言われてきたことに私は深く心を痛めていたのですが、その彼女が3月末に医師
から受胎を告げられたのです。
その知らせを受けたとき、私がどんなに歓喜し、祝い酒を重ねたことでしょうか。
4月4日の二度目の検診で胎児の心音を聞かされた時、彼女は涙を流して感動にふけ
たとのこと。

胎内の新しい生命が健やかに育ち、無事安産を迎えられるよう祈願のために私は4月
8日、常照皇寺に行ってきました。


寝屋川を出発するときは雨天でしたが、2時間後に常照皇寺に着いた時は雨はやんで
おり、私は傘をさすこともなく、光厳院様の御陵で祈願することができました。
ペリリュー島に慰霊の旅にお出かけになられる天皇・皇后両陛下の道中の安全をも祈
願しました。


何度も訪れた常照皇寺ですが、有名な枝垂れ桜は今回初めて満開のときに見ることが
できました。F子さんのおめでたを祝福するかのようでした。




ただ、野生の枝垂れ桜は花が小さく、改良された品種にくらべ、ボリューム感は乏しい
ですが、目立たぬよう生きてこられた光厳院様のイメージにぴったりのたたずまいのよ
うに思いました。





気温は3度。花冷えの常照皇寺でした。